1. ホーム
  2. 疲れが取れない
  3. ≫【母さん閉店】43歳の私が選ぶ疲れ過ぎて家事をしたくない時におすすめの「休息・充電アイテム16選」

【母さん閉店】43歳の私が選ぶ疲れ過ぎて家事をしたくない時におすすめの「休息・充電アイテム16選」

【母さん閉店】43歳の私が選ぶ疲れ過ぎて家事をしたくない時におすすめの「休息・充電アイテム16選」

休暇のない家事育児。そしてパート疲れもプラスしてもうクタクタ…

毎日こなす家事育児にお給料は発生しないんだからせめて癒しが欲しい!

たまには主婦業・母親業を止めて有休をもらってもバチは当たらない!

そこで、私が今までに試してきた休息や癒しに役立つおすすめアイテム達をご紹介します。

おすすめアイテム1【アロマ加湿器を使う】

アロマオイルにはリラックス作用があるそうで、我が家のリビングに置いてあるアロマ加湿器には、ラベンダーとベルガモットのオイルを垂らしてよく使っています。

ラベンダーオイルにはストレスを和らげ気持ちを落ち着かせることができ、ベルガモットにはリラックスとリフレッシュ両方の作用があるそうです。

ネット販売で一個数百円で売られているオイルの小瓶を購入して使っています。香りで心地よい空間作りをし、ひと息つくのはオススメですよ。

おすすめアイテム2【映画館にて映画鑑賞】

自分の好きなジャンルの映画を大画面で観られるのは爽快です。

お一人様映画鑑賞が、私にとってリフレッシュする手段の一つです。

平日の日中だと我が家の最寄りの映画館は大概空いていて、知らない人と座席が接することなく一人の世界に没頭でき、現実逃避できています。

おすすめアイテム3【美味しいものを食べに行く】

家族旅行や行楽地に行って海の幸や山の幸など、美味しいものをいただくのはお腹も心も満たされますよね。

それとはまた違った形で私の場合、地域で人気のお店や、雑誌で取り上げられるお店に行って、ランチやスイーツを食べて至福のひと時を味わってます。

特に女性受けするようなランチやスイーツは、味だけでなく見栄えも素敵で、視覚的にもちょっとした幸福感を得られストレス解消にも繋がってます。

おすすめアイテム4【栄養のある食べ物を食べる】

女性の場合は、毎月の月経で1日当たり約0.5㎎の鉄分が失われるそうです。疲労感に繋がる鉄分の損失を補うために、鉄分の多いかつお・ひじき・しじみを使用したおかずを献立のひと品に取り入れて、美味しく鉄分補給したいものです。

あとはスタミナ食品の代表格に挙がるニンニクを使ったガーリックトースト、餃子などの料理を積極的に食べて、疲労回復を図るのも良いですね。

他にもスタミナ食品としてよく耳にするウナギはいかがでしょう?ウナギには体に良いとされるビタミン類やミネラルなど、大切な栄養素が豊富です。そして、うなぎの皮の内側には皮膚の主成分であるコラーゲンが多く含まれているので、肌の新陳代謝促進にも利用できますよ。

栄養を意識した食べ物で、体内から元気にして活力を与えましょう。

おすすめアイテム5【1日の終わりにフェイスマスク】

お風呂上がりや就寝前のフェイスマスクで美のチャージをしてみても癒されますよ。マスクが50枚くらい入っていて1000円程度で買える物もあれば、数枚で2000円ぐらいの物もあります。

お風呂上がりにフェイスマスクを付け、テレビを見たりしながらの「ながら美容」は余計な手間や時間をかからないし、美容成分が肌に染み渡り潤うと心地よく眠れますよ。

おすすめアイテム6【マッサージで体をほぐす】

整体院では体全体を揉みほぐしてくれたり、骨格のバランスを整えてくれたりするので、眠たくなるくらい癒されます。施術後は体の動きも軽やかになり、気持ちもスッキリしますよ。

あと、チェーン店のマッサージサロンへも行ったことがあるのですが、これもオススメです。

こちらの要望に沿って疲れが気になる箇所を中心に筋肉やツボを揉みほぐしてくれます。体のだるさやストレスから解放されて、心身ともにリラックスできますよ。料金は1時間くらいの施術で1万円近くかかってしまいますが、初回割引などがあるお店もあるので、たまには体のメンテナンスもしてあげましょう。

おすすめアイテム7【自宅でDVD鑑賞】

家でゆっくりとダラダラしたい日には、レンタル屋さんで借りたDVDを自宅で観たりしているのですが、自宅なので人目を気にせずお菓子を食べながらとか、寝転がりながらなど寛ぎながら物語の世界に浸っています。もし鑑賞中寝てしまっても巻き戻して観られるし、自分のペースで気を遣わない時間は、心と体の癒しになります。

おすすめアイテム8【スマホで漫画を読む】

無料で漫画が読めるスマホアプリでは、片手でページをスクロールしながら読み進めていくので、サクサク読めるしリラックスタイムにオススメです。

女性向け作品、ドラマ化された人気作品などジャンルも充実しているし、数冊無料で読めてあとは課金や会員登録するもの、24時間待って1話ずつ無料で閲覧できるものなど、アプリによって様々な特徴があるので自分に合いそうなアプリをダウンロードして、休息時間のお供に読み始めてみるのも良いかもしれません。

おすすめアイテム9【神社や仏閣を巡る】

特に信心深いわけでもないのですが、ただ神社を参拝して回るだけで心が洗われて癒されるような感覚を覚え、自分の心も落ち着いていく感じがします。

ケヤキなど樹木が両側に数キロにも渡って植えられている参道がある神社、お土産屋さんが沢山並んで賑やかな参道がある神社、可愛いお守りを売っていたりなど、色々な部分に注目すると楽しめますよ。

日常生活の煩わしさから逃避して、神社でゆったりとした時間を過ごすのもオススメです。

おすすめアイテム10【ヘッドスパをしてもらう】

皮脂が詰まった頭皮や痛んだ髪の毛のクレンジングと、オイルなどを使って頭皮を揉みほぐすマッサージをしてくれるヘッドスパの施術を美容院で受けたことがあるのですが、眠たくなるほど気持ちが良かったです。

頭皮を整えて綺麗な髪の毛を保つことができるし、全身のツボが集まる頭を揉みほぐすことで肩や目の疲れなどが軽減され、疲れやコリがスッキリしますよ。

おすすめアイテム11【マツエクをしてもらう】

数年前に友達の紹介で初めて施術を受けて以来、2ヶ月に1回マツエクの施術を受けています。自分のまつ毛1本1本に、人工まつ毛を付けていく作業なので終わるまで2時間近くかかりますが、ビューラーやマスカラを使う手間が省け、何よりも綺麗にクルンと上向きに上がったまつ毛が付くと、目がぱっちりとして気分も上がりますよ。

おすすめアイテム12【ウォーキングをする】

ウォーキングは運動不足解消など体の健康のためにもなりますが、ウォーキングを行うことで自律神経の働きが整い、精神的に安定し、ストレス解消にも繋がる働きがあるそうです。

私はショッピングモールへ足を運び、用がなくてもウィンドウショッピングをしながら歩き回っています。スマホの万歩計を携帯しながら、気持ち早歩き目でウロウロしていると数時間で1万歩くらい歩けますよ。体と心の健康のために無理なくウォーキングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめアイテム13【舞台を観に行く】

私が初めて観た歌舞伎は、漫画の作品を舞台化した演目だったので、役者さんはカラフルな衣装を身に付け、アクロバティックな動きもあり、歌舞伎独特の言い回しのセリフは殆ど使わない現代語での演技で、分かりやすく見応えがありました。座席の料金はピンキリで、私はひと席数千円の舞台から遠い3階席で観劇しましたが、充分楽しめました。

あまり知識や興味のない分野に足を踏み入れてみるのも新鮮で刺激になり、リフレッシュできますよ。

おすすめアイテム14【ハーブティーを飲む】

私は温かいルイボスティーを毎日飲んでいます。

ルイボスティーには「アンチエイジング・リラックス・ストレス軽減・体温上昇」など沢山の効能があるそうです。

その他、ローズヒップはビタミンCが豊富で女性ホルモンのバランスを整える働きがあり、カモミールは軽い不安やイライラなどの精神面の改善に有効など、ハーブティーには沢山の種類や効能があります。カップ一杯分の茶葉のティーパックが100包入りで1000円程度で販売されているものなど使いやすいタイプもあります。

香りや味で癒されながらゆったりと心を落ち着けるのも良いですよ。

おすすめアイテム15【日帰り温泉に行く】

私が住んでいる県内にあるスパ施設では、天然温泉もありお風呂の種類が充実して、岩盤浴場では天井に星空が投影され幻想的な空間が作られていたり、休憩スペースに漫画が置いてあってゆっくり読めたり、フィットネスやカフェを利用できたり等、色々な楽しみ方で半日近くゆったり過ごせて疲れを癒せます。

館内着・バスタオル込みで手ぶらでフラっと行けたり、家族や友達と水着で楽しめるスパ入浴があったり、渓谷や滝を眺めながら食事付きの入浴プランがあるなど、施設によって様々な日帰り温泉のプランがあります。自分に合った日帰り温泉の施設を探して利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめアイテム16【何もしない】

家事育児に追われる毎日の中で、何もしない時間は無駄に浪費されたサボった時間と見なして罪悪感を持つかもしれません。なかなか難しいことかもしれませんが、時には何も考えず、ゴロゴロしていたり、ボーッと座っていたりしてみてください。「何もしない」には心と体を休める大事な意味があります。

家事ができないほど疲れてるならどんどん休みましょう!

疲れすぎて、家事ができなくなるほど働く意味ってなんでしょう?旦那や子供には休日があるのになぜ主婦にはそれがないのか?
旦那も子供も自分のことは自分でやれるはず。なのに母親である私が洗濯、食事、部屋の片付けを全てやる必要はないんです。

もっと自分の体を大事にしましょう

主婦って家族のこと優先で、自分のことをおろそかにしちゃいますよね。
一人の時なんてテキトーなインスタント食品だけで済ませちゃったりするし。
それが良くない事だとわかってはいるんだけど、そんな余裕がない…
でもやっぱり自分を大事にしたいはず。

日常的に疲れが取れない人は食生活を見直して

もし、あなたが今日常的に疲れが溜まっている状況なら、先に紹介したように休息日を作るのがいいと思います。でも、なかなかそれが実現できないようであれば、食べるものを見直してみてください。特に疲れが溜まっているのであれば、ビタミンB1を多めに摂取するようにしましょう。ビタミンB1は食事から摂った栄養分(糖)をエネルギーに変える働きがあります。ビタミンB1が多く含まれているスタミナ食品はこちらのページでまとめているので参考にしてみてください。

まとめ

家族は大事。でもそれ以上に自分を労わることも大事。この記事を読んであなた自身が自分のことを大切にしようと前向きな気持ちになれたらいいなと思います。